農家の嫁に向いてる?

農家とのお見合いを検討するなら、その後話が進んだときのために、自分は農家の嫁が向いているのかどうか自己診断しておきましょう。まず考えなくてはならないのは、農業を楽しくできるかということです。農家に嫁いだら、相手の家族と一緒に農業を行うことになります。何事にも大変な面はありますが、本質的に土いじりが好きだったり植物の世話が好きだったりするなら、農業に向いているといえるでしょう。また、農家といっても牛や鶏などを飼っていることもあります。動物の世話が好きなら、そのような農家の嫁になるのはたいへんすてきな選択でしょう。

次いで考えたいのは集団生活に向いているかどうかです。農家はたいてい大家族です。結婚相手の親はもちろんのこと、祖父母、弟や妹がまだ実家にいる可能性も高いです。その中に入っていき、新しい習慣に馴染むためには、自分を相手に合わせる柔軟性や協調性が求められます。観察力も必要でしょう。みんなと仲良くやっていくためには穏やかさも必要です。朝も早起きして朝ごはんをつくる必要があるかもしれません。

もしも農家の嫁が向いている場合、上記の内容を読んで「楽しそう!」と思えるはずです。農家の嫁は大変な面もありますが、一家で力を合わせて毎年なにかを成し遂げていくことは、たいへんやりがいがあり、楽しい人生になることでしょう。

サブメニュー